無知と無垢 8

Number of Viewer:64,035

Report violation

無知と無垢 8

Add Bookshelf

Content of Product

「誰でも良かった。単純で可哀想、だから丁度いい。それだけだった―――。」 翻訳家の篤志はある晩、道端で行き倒れている青年を拾い、自宅へと招き入れる。 帰る家がないと言う青年・結弦に「家政夫をやらないか?」と持ち掛け、2人の同居生活が始まるが――。

みんなのコメント

作家や作品に寄せられたみんなのコメントをピックアップ

コメント7

コメントを書く

  • 投稿者

    素敵なお話でした。癒やされました。展開もナチュラルで愉しめました。続編もあったらいいなぁ。

    • 投稿者:inagesan投稿日:2020.01.14
  • 投稿者

    すてきなお話でした。こころの奥の部分を上手く表現していて、涙が自然にこぼれました。完結して下さり、ありがとうございました。絵もきれいで、雰囲気も良く、素晴らしい作品だと思います。これからも良い作品を作ってください。

    • 投稿者:saku投稿日:2019.11.03
  • 投稿者

    感動(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷̥́ ⌑ ᵒ̴̶̷̣̥̀⸝⸝⸝)♡*゜

    • 投稿者:夢咲志投稿日:2018.12.23
  • 投稿者

    いつのまに完結してたんだ。こんなふうに、触れてほしくない部分に触れあえる人とはきっとずっと一緒にいられるんじゃないかな。もうちょっとイチャラブ見たかった

    • 投稿者:どんとこい投稿日:2018.06.26
  • 投稿者

    スゴく深くて、心に残る作品でした!

    • 投稿者:hinoka投稿日:2018.03.09

このコメントを削除しますか?

Registered Tags

  1. 成川九
  2. 無知と無垢
  3. 恋愛

The contents of same series

Related items on sale at Amazon

  • facebookに投稿
  • twitterに投稿