主従の悲恋。一度だけ、して、下さい

Number of Viewer:43,669

本作品は成人向け作品ではありませんが、一部暴力的または性的な描写が 含まれています。閲覧はご自身の判断と責任においておこなってください。

Report violation

主従の悲恋。一度だけ、して、下さい

Add Bookshelf

Content of Product

「柊馬さま……最後にひとつお願いがございます……。私に……柊馬さまの子種を下さいませ……」御蔵家の御曹司、柊馬を子供の時からお世話係として見守ってきたほとんど年齢も変わらないメイドの真綾。ところが、柊馬が真綾にひそかな恋心を抱いたことから、二人は引き離される事となってしまった。泣く柊馬に対し、真綾は「むしろこれでよかったのかも知れません。この先、可愛い姫さまを娶る柊馬さまのお姿を、私はおだやかに見守る自信などありません……」と目を伏せ、お互いの気持ちが通じる。そして……(はなかんむり)

みんなのコメント

作家や作品に寄せられたみんなのコメントをピックアップ

コメント0

コメントを書く

Related items on sale at Amazon

  • facebookに投稿
  • twitterに投稿