年下の惑い猫【分冊版】 7

閲覧数:5,051

違反報告

年下の惑い猫【分冊版】 7

作品内容

「猫って怖くて飼えないですぅ」「いつかいなくなっちゃいそうで」OL・美玲は飲み会の誘いを「猫がいるから」と断るが,家で待っていたのは年下の稜。数年前に転がりこんできて,いつも隣にいるのが当たり前。この先もずっと変わらないのだと思っていたけれど――。

みんなのコメント

作家や作品に寄せられたみんなのコメントをピックアップ

コメント0

コメントを書く

この作品を読んだ人はこんな本も読んでいます

Amazonで販売中の関連商品

プレミアム会員に登録
ビューワ閲覧数合計
274,270,885
ダウンロード合計
12,097,606
総作品数
5,455
総ページ数
760,859
  • facebookに投稿
  • twitterに投稿