\先生を応援しよう!/

Number of Viewer:18,998

ライ・ライ・ライ

Add Bookshelf

作品情報

俺は幾つもの体験を通して「学習」した。もうワンランク上に行くためには実力だけじゃだめなんだ。俺は常務の娘との見合いの席でも、その後の付き合いでも全精力を費やし、俺は彼女の心を、これ以上無いコネをついに手に入れた。そんな時、見合いの席で大げんかしていた女の子と再会した。「嘘は許せないんです」だって。あんなで世の中渡っていけるのかねえ。と思っていたら、見知らぬ男とラブホテルに入って行く婚約者を目撃。なんだあ!?まあ、お互い様ってことか。俺は無性にあの子に会いたくなった。彼女は言った。「私は嘘をついた事は無いです。特にお母さんが亡くなってからは。私の父親、嘘ばっかりついてた」俺は、何故かこの子に会うとホッとする。

Report violation

みんなのコメント

0

コメントを書く

まだコメントはありません
コメントを書いて先生を応援しよう!

The content of same author

あなたにおすすめの本

Other popular titles

描き下ろしイラストも有り!お見逃しなく!

FanTopにてデジタルファンアイテム販売中

手元に残るPDF版を購入しませんか?

  • facebookに投稿
  • twitterに投稿

Related items on sale at Amazon