我が魂はフェアウェイの彼方にあり 3

Number of Viewer:1,308

Report violation

我が魂はフェアウェイの彼方にあり 3

Add Bookshelf

Content of Product

売れっ子作家の三島英一郎は、ゴルフの腕前も玄人はだし。ゴルフの聖地、セントアンドリュースに旅立つ日、英一郎の荷物の中にはボロボロでほとんど使い物にならなそうな7番アイアンが入っていた。それを見つけた出版社の担当編集者が修理しようとすると、その手を英一郎は振り払った。空港に向かう車の中、晩年の父親の姿が英一郎の瞼の裏に浮かぶ。父は年老いてからバイクの免許を取り、ダンス教室に通い、一度もやったことがないゴルフに挑戦した一風変わった人だった。しかし英一郎はそんな父を尊敬し、遺言を叶えるために、父の7番アイアンをセントアンドリュースへと連れて行くのだった…。内山まもると高橋三千綱の名コンビが贈る、珠玉の連作短編集!

みんなのコメント

作家や作品に寄せられたみんなのコメントをピックアップ

コメント0

コメントを書く

The content of same author

あなたにおすすめの本

Other popular titles

Related items on sale at Amazon

  • facebookに投稿
  • twitterに投稿