哀シャドー 3

Number of Viewer:8,002

本作品は成人向け作品ではありませんが、一部暴力的または性的な描写が 含まれています。閲覧はご自身の判断と責任においておこなってください。

Report violation

哀シャドー 3

Add Bookshelf

Content of Product

無実を主張しながらも認められず死刑の判決を言い渡された囚人・諸橋悦子。ついに死刑執行の日を迎えた彼女は執行の瞬間、過去の記憶が走馬灯で流れ、息子の名を叫ぶ…。刑は執行されたが、彼女はまだ生きていた。そして謎の男に、これから顔・名前・戸籍、全てを変えて別人として生かしてやると告げられる。その条件は「殺人」をすること――。断れば「死」だが、承諾すれば5年後に息子に会わせてやるという。悦子は息子に会いたい一心で「桐原冴子」として謎の組織の殺し屋となっていく…。

みんなのコメント

作家や作品に寄せられたみんなのコメントをピックアップ

コメント2

コメントを書く

  • 投稿者

    シナリオを描いた人は真似したのかな?ほとんど同じパターンだね。バックが違うだけ。
    最後は、必ず仲間が犠牲になって主人公だけが生き残るというもの。この作品もサハラも舞台は違うが行動パターンは同じ。
    このドラマ、最後は意地でも連れて行く、そして助け合いながら生きるという設定だったら感動ものだったろう。

    • 投稿者:bigboxman投稿日:2021.02.16
  • 投稿者

    ネタバレ

    最後はやっぱり「サハラ」になった感じ? 戦争になっちゃったし。

    • 投稿者:takeshi.seo22投稿日:2021.02.01

このコメントを削除しますか?

The contents of same series

The content of same author

あなたにおすすめの本

Other popular titles

Related items on sale at Amazon

  • facebookに投稿
  • twitterに投稿