嘉納治五郎 風雲録 3

Number of Viewer:4,040

Report violation

嘉納治五郎 風雲録 3

Add Bookshelf

Content of Product

群雄割拠する柔術界
宿命のライバル
西郷四郎と戸塚清次郎の凄絶な死闘の行方はー!!

[主な登場人物]
●嘉納治五郎(かのう じごろう)
1860(万延元)年~1938(昭和13)年、摂津国御影村(現・兵庫県神戸市東灘区御影町)に生まれる。様々な流派がしのぎを削る明治期、柔術を道(どう)として極め、講道館柔道の創始者であり柔道・スポーツ・教育分野の発展、日本のオリンピック初参加に尽力するなど、日本に於けるスポーツの礎を築く。「柔道の父」「日本の体育の父」とも呼ばれている。
●西郷四郎(さいごう しろう)
天性の才能で荒業、山嵐を生み出し、武術大会で次々と勝利をもぎ取っていく。
●戸塚清次郎(とづか せいじろう)
柔術界の佐々木小次郎と異名を持つ天才児で西郷とは宿命のライバル。
●富田屋の娘・加代(かよ)
西郷に恋心を抱いているが、男たちの死闘に心揺さぶられ苦悩する。
●富田常次郎(とみた つねじろう)
嘉納治五郎の門下四天王のひとり。
●横山作次郎(よこやま さくじろう)
井上啓太郎道場の門下の元ヤクザで嘉納門下四天王のひとり。
●山下義韶(やました よしかず)
北辰一刀流千葉道場で塾頭を務めた父を持つ、嘉納門下四天王のひとり。

みんなのコメント

作家や作品に寄せられたみんなのコメントをピックアップ

コメント0

コメントを書く

The contents of same series

The content of same author

あなたにおすすめの本

Other popular titles

Related items on sale at Amazon

  • facebookに投稿
  • twitterに投稿