クラブアンダルシア【完全版】 5

Number of Viewer:1,796

本作品は成人向け作品ではありませんが、一部暴力的または性的な描写が 含まれています。閲覧はご自身の判断と責任においておこなってください。

Report violation

クラブアンダルシア【完全版】 5

Add Bookshelf

Content of Product

銀座――高級クラブがひしめき、功成り名を遂げたものだけが入ることを許された街。奥村健二、彼は高級クラブ「アンダルシア」のオーナー支配人。そのクラブ「アンダルシア」を舞台に繰り広げられる幾つもの恋の奇跡。女は待ち続けた、男の言葉を信じて。男は戦った、女の愛に報いるために。銀座、そこはネオンの数だけ、女の数だけ、毎夜ドラマが、織りなされる……。ネオン劇画の生みの親・倉科遼のめくるめくストーリーを、名手・みね武が繊細に描きあげた名作。単行本版未収録の後半部2巻分をすべてまとめた完全版が電子書籍で登場!

みんなのコメント

作家や作品に寄せられたみんなのコメントをピックアップ

コメント2

コメントを書く

  • 投稿者


    成り上がりのサラリーマンが興味つつで行けるのはその位の場所かもしれぬ。
    だが、それでも地方で働く者にとっては【大金】ではある。それだけの金があったら、家族の為にと使うこともあり得るだろう。
    そこに何を求めて行くのかは、その人次第。場合によってはビジネスチャンスもある。人が集う場所であるだけに。

    • 投稿者:bigboxman投稿日:2021.02.15
  • 投稿者


    残念ながら東京で暮らしたことが無いので銀座というものが分からない。銀座がステータスだというのは聞いている。
    地方にもあるが、クラブと言ってもランクは色々だ。詐欺まがいの店もあれば、格調高い店もある。銀座ではないから、多少の臨時収入があれば年に5回くらいは行ける訳だ。それでも、20万位はかかる。

    • 投稿者:bigboxman投稿日:2021.02.15

このコメントを削除しますか?

The content of same author

あなたにおすすめの本

Other popular titles

Related items on sale at Amazon

  • facebookに投稿
  • twitterに投稿