俺のために喘げ ~石油王と絶対服従の蜜夜
  • 俺のために喘げ ~石油王と絶対服従の蜜夜

    The contents of same series

    最初から読む
    • 俺のために喘げ ~石油王と絶対服従の蜜夜7
    • 俺のために喘げ ~石油王と絶対服従の蜜夜6
    • 俺のために喘げ ~石油王と絶対服従の蜜夜5
    • 俺のために喘げ ~石油王と絶対服従の蜜夜4
    • 俺のために喘げ ~石油王と絶対服従の蜜夜3
    • 俺のために喘げ ~石油王と絶対服従の蜜夜2
    • 俺のために喘げ ~石油王と絶対服従の蜜夜1

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    「今日の礼だ…何回イキたい?」貧乏OLの私の前に現れたのは…石油王?!――全財産215円…弁当すら買えずにコンビニで立ち尽くす私、桜庭萌花 。突然現れた石油王 アーデル=カズマ=アサトの目の前で貧血を起こした私は、そのまま彼の宿泊するホテルへ連れて行かれる。ケダモノでドSな彼は、無理矢理、私のカラダを弄び始めて…「下着の上からでも濡れているのがわかる」湿った秘部に指を滑り込ませ…私、処女なのに、そんなに強くしたらイっちゃう――?!…今夜、コンビニで出会ったわがまま身勝手シーク様!!…これっきりの関係だと思っていたけれど、彼は取引先の御曹司で、私は彼の案内役になってしまって――?!

    みんなのコメント

    投稿者

    俺のために喘げ ~石油王と絶対服従の蜜夜 7

    強引だけど、カッコイイ(*´∀`)

    投稿者:Rin