無知と無垢


Report violation

The contents of same series

作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

「誰でも良かった。単純で可哀想、だから丁度いい。それだけだった―――。」 翻訳家の篤志はある晩、道端で行き倒れている青年を拾い、自宅へと招き入れる。 帰る家がないと言う青年・結弦に「家政夫をやらないか?」と持ち掛け、2人の同居生活が始まるが――。

みんなのコメント

投稿者

無知と無垢 8

すてきなお話でした。こころの奥の部分を上手く表現していて、涙が自然にこぼれました。完結して下さり、ありがとうございました。絵もきれいで、雰囲気も良く、素晴らしい作品だと思います。これからも良い作品を作ってください。

投稿者:saku