妖変 源氏物語


Report violation

このシリーズの作品

作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

光源氏は、故・藤壺との不義の子である冷泉帝の後見として、朝廷での権力を握っていく。自分の縁の女性をすべて六条院に集めて住まわせ、源氏の君は栄華を極めた。しかしその一方で、北の方である紫の上との溝は深まっていくのだった。