瓶詰めのマリア
  • 瓶詰めのマリア

    The contents of same series

    最初から読む
    • 瓶詰めのマリア4
    • 瓶詰めのマリア3
    • 瓶詰めのマリア2
    • 瓶詰めのマリア1

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    両親が何者かに殺された日、そのそばで凶器を持って放心している所を発見された歩美。ショックで記憶を失いつつも、従兄弟の淳生(あつき)に励まされ、日常生活に戻った彼女だったが、たびたび嫌がらせの手紙を受け取るようになる。手紙の主が、誰も知らないはずの背中の傷を知っていること、事件について語る淳生の様子がおかしいことから、歩美は淳生の仕業ではないかと疑い始めるが――。大注目★中里りえが描くミステリー長編作品第4巻!読み切り作品「最後の手紙―ラスト・ラブレター―」も収録。