葵三代黄金伝説


Report violation

このシリーズの作品

作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

「竜の化身が魚に姿を変えた」と龍神池に伝わる伝説の巨大魚。葵凜太郎の祖父・卯吉は昭和9年5月5日に黄金に光り輝く巨大魚を目撃したという…。だが、周囲からはホラ吹き呼ばわりされ、その魚を釣り上げることを目標にしていたものの果たすことなく亡くなってしまう。お葬式の後、「じっちゃんのかわりに俺が釣り上げて見せる!」と誓う凜太郎に、何と飼い犬のシロが話しかけてきた!?「アイツをこの目でもう一度見るまでは死んでも死にきれんのじゃ」と、なんとじっちゃんの霊がシロにのり移ったのだ!凜太郎とシロは、さっそく龍神池へと向かい、金色に光り輝く伝説の「黄金バス」に挑むが――。伝説の巨大魚を巡り、祖父・父・息子の親子三代の絆を描いた冒険釣りコミック!