妖あどろ
  • 妖あどろ

    The contents of same series

    最初から読む
    • 妖あどろ5
    • 妖あどろ4
    • 妖あどろ3
    • 妖あどろ2
    • 妖あどろ1

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    麻利亜は、日本全国数万人もの不良少女達を束ねる「党・麻利亜」の女王。並外れたカリスマ性で熱狂的な支持を受けている。ところが横浜の一部を統率している幹部・阿也が反旗を翻した。「党スネーク」を率いて麻利亜の仲間をリンチにかけたのだ。そうして大規模な抗争の火蓋が切られたのだが、やがて少女達は麻利亜の本当の恐ろしさを知る事になり…。――炎で焼かれても死なず、人を支配する力や念動力を持った女子校生・麻利亜とは一体何者なのか!?

    みんなのコメント

    投稿者

    妖あどろ 2

    1979年発表の漫画だけに、現代の読者なら通じる攻撃魔法的な共通知識が無いなかで描かれた作品 かえってその辺りの描写が新鮮味を感じるほど

    投稿者:ratan.senkai