ジャンヌ・ダルク
  • ジャンヌ・ダルク

    The contents of same series

    最初から読む
    • ジャンヌ・ダルク7
    • ジャンヌ・ダルク6
    • ジャンヌ・ダルク5
    • ジャンヌ・ダルク4
    • ジャンヌ・ダルク3
    • ジャンヌ・ダルク2
    • ジャンヌ・ダルク1

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    フランス山間の小さな村・ドンレミで生まれ、やがては国家間の争いの先陣を切る旗手にして、フランスの自由の象徴となる悲運の少女・ジャンヌ。国、家族、村、出自――そして異性、さまざまな愛が交差するヒューマン・ストーリー。後にラ・ピュセル(神の使者・永遠の処女)と呼ばれる少女ジャンヌの、燃え尽きるかのような5年間、その一瞬の煌き。『女帝』で大人気の倉科遼と、心情派・柴秋尾の新たなコンビによる新解釈で、時に柔和かつ流麗に、時に陰謀の渦に飲み込まれる悲運の暗黒まで、大胆に描かれるジャンヌ・ダルクの物語!