マッド・ブル34
  • マッド・ブル34

    The contents of same series

    最初から読む
    • マッド・ブル3427
    • マッド・ブル3426
    • マッド・ブル3425
    • マッド・ブル3424
    • マッド・ブル3423
    • マッド・ブル3422
    • マッド・ブル3421
    • マッド・ブル3420
    • マッド・ブル3419
    • マッド・ブル3418
    • マッド・ブル3417
    • マッド・ブル3416
    • マッド・ブル3415
    • マッド・ブル3414
    • マッド・ブル3413
    • マッド・ブル3412
    • マッド・ブル3411
    • マッド・ブル3410
    • マッド・ブル349
    • マッド・ブル348
    • マッド・ブル347
    • マッド・ブル346
    • マッド・ブル345
    • マッド・ブル344
    • マッド・ブル343
    • マッド・ブル342
    • マッド・ブル341

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    原作・小池一夫、作画・井上紀良による痛快バイオレンス・ポリスアクション。1985年7月~1991年1月まで、黄金期の「ヤングジャンプ」(集英社)を支えた大人気連載。マンハッタンの犯罪多発地帯、34管区を舞台に新米警察官、ダイザブ ロー・エディ・伴と“マッド・ブル”の異名をとる巨体の黒人警官スリーピーの凸凹コンビの活躍を描く。型破りな警官が悪人をぶちのめす!痛快でエロエロなストレス解消コミック! 1990年、OVA放映。

    みんなのコメント

    投稿者

    マッド・ブル34 17

    連載当時読み始めたのはこの少し前あたり、ビリー登場前。どんな展開になるかなーと思ってたけどこれ以降も好きだなー。

    投稿者:iwys