関東平野 わが青春漂流記
  • 関東平野 わが青春漂流記

    The contents of same series

    最初から読む
    • 関東平野 わが青春漂流記4
    • 関東平野 わが青春漂流記3
    • 関東平野 わが青春漂流記2
    • 関東平野 わが青春漂流記1

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    昭和20年8月15日、日本が敗戦を迎えた――。戦争で両親を失い、小説家の祖父と暮らす金太は関東平野の片隅で力強く生きている。そんなある日、風変わりな女の子・銀子が隣に越してきて……。「同棲時代」「修羅雪姫」等で知られる上村一夫が戦後の人間模様を叙情的に描いた名作!!

    みんなのコメント

    投稿者

    関東平野 わが青春漂流記 3

    緊縛絵師のオジサンに引き取られて東京に出てきた主人公の青年期。社会に出て、大人の体験もいろいろと…。性を含めて、生きることに皆真剣な気がする。人生が短いような思い詰めた生き方は、今から見ると時代かなぁ。銀子もやっと大人になって東京に出て来て、主人公と感動の再会をする。

    投稿者:thisistheapeman-music