ライカ伝


Report violation

The contents of same series

作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

異色の漫画家・川崎ゆきおによる伝奇ロマン譚がついに電子化!! かつて「神」が創り出した世界。それは今、強大な力をもつ「大王」を擁する「ライカ帝国」が、近代的な軍事力を背景に支配していた。しかし、世界の始祖たる「神」を信仰する謎多き「神国」がライカ帝国大王を襲撃したことを機に、情勢が大きく動き出す。突如としてトップを失い、混乱するライカ帝国。そしてこれを機にライカ帝国に反旗を翻す属国「ニホン」。さらに、裏で暗躍する「神国」――。一方その頃、ライカ帝国大王は、襲撃を機に姿を消し、「神国」探求の旅へ出ようとしていた。 巨大帝国の趨勢と「神」の謎に迫る、川崎ゆきお氏による全く新しいSFファンタジー。

みんなのコメント

投稿者

ライカ伝 下

紙の本のラストには、「ほんわりした雲が、にんまりと笑うと、どこへともなく去って行った。」(←かなり記憶曖昧)みたいな一節があって、上巻冒頭の一節と対を成していました。 あると無いとで読後の余韻が丸で変わってくるように思えます。できることなら、復活を!と切に願います。

投稿者:あめおとこ