修羅の劇場
  • 修羅の劇場

    The contents of same series

    最初から読む
    • 修羅の劇場2
    • 修羅の劇場1

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    本格極道漫画の第一人者である村上和彦が、今ここに現代極道史の真相をえぐる!「任侠」に「武道」が合体!新たなる任侠劇画の幕が上がる!日本最大の組織、山王会の若頭・但馬誠伍が何者かの手によって暗殺される。暗殺の嫌疑が東条会にかかる根拠は、必ずしも心ない連中の中傷とは言い切れない。東条会会長である東条玄武自身ですら暗殺の訃報を聞いて、もしかしたらウチのものが殺ったのかと疑念を抱く程だったが…!?