野獣の弟
  • 野獣の弟

    The contents of same series

    最初から読む

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    「あしたのジョー」「巨人の星」「タイガーマスク」など昭和を代表する作品を生み出した偉大な漫画原作者・梶原一騎の生み出したもうひとつの異色野球漫画。 昭和45年、ひょんなことから巨人軍の主砲・長嶋茂雄と知り合った青年・海童猛巳は、長嶋の援助でアメリカで野球の武者修行をすることになる。だが、さすが本場のメジャーリーグピッチャー。日本野球界とはレベルの違う投球に海童はコテンパンに負けてしまう。このまま日本に負けて帰るのか? それとも日本男児の意地を見せることは出来るのか? (初出:1970年 「中1コース」)

    みんなのコメント

    投稿者

    野獣の弟 青春編

    『野獣の弟』は以前にスキマの方で読みましたが、私個人の感想としては何か“打ち切り”という感じが否めないですね。物語のラストは何か硬派というか若干かっこつけな文章を載せて「物語はこれでおしまい」という感じですが、何だかんだ言って打ち切られたんだなぁ、と思いました。

    投稿者:サラマンダー