青春の尻尾


Report violation

The contents of same series

作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

故郷を出て仙人を目指す旅をする若者・終無為。「悲しいときには涙し、くやしいときには怒り、生きることに情熱を燃やす。友を裏切らず美にあこがれ嘘をつかず、だまさずに信ずるものには命をも賭ける。成人になれば失うはずのその青春の心を、成人になっても失わずに尻尾としてぶら下げておる」と、ようやく会えた天上界の者から何百万人に一人の逸材と評される――後の名を諸葛亮孔明。「サハラ」「少年の町ZF」といった名作を生み出した小池一夫&平野仁のコンビによる、破天荒な三国志外典! 「GORO」(集英社)1975~78年連載作品。

みんなのコメント

投稿者

青春の尻尾 6

完結していないが、この漫画は【三国志】とあるが全く別のものだ。どちらかと言うと【ファウスト】に近い。主人公は満足せず悪魔と契約する。最後は天に召される。もう一つは【天地を喰らう】が似ているかもしれぬ。神と言う存在に向かう。更に追加で【100億の昼と1000億の夜】自身が転輪王であるということを知る。

投稿者:bigboxman