柳生武芸帳
  • 柳生武芸帳

    The contents of same series

    最初から読む

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    剣豪小説作家・五味康祐の同名傑作小説「柳生武芸帳」の完全漫画化。作画担当は、「父の魂」「柔道讃歌」など100冊以上の漫画を描いた昭和を代表する漫画家・貝塚ひろし。 徳川秀忠の娘・和子が天皇家に嫁ぎ、二ノ宮・昭子内親王を産んだ時、皇子二人が何者かに殺害された。その真犯人を柳生宗矩が知っていて、三巻の武芸帳に秘密裏に記す。一巻では犯人はわからない。三巻そろえなければならない。 それを知った霞多三郎は、巻物をそろえようと行動を開始する。 (原書:1992年発行)

    みんなのコメント

    投稿者

    柳生武芸帳 天の巻

    絵柄は骨太で魅力的なのですが、原作の小説そのものが未完、この作品も結末にはほど遠いところで終了、主人公すら不明瞭という困った作品です。

    投稿者:tihirosuzuki