処刑地帯
  • 処刑地帯

    The contents of same series

    最初から読む
    • 処刑地帯3
    • 処刑地帯2
    • 処刑地帯1

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    東京・浅草。男が一人、浅草寺で涼を取っていた。名前は獅子雄三。わけがあって、彼は縁もゆかりもないこの浅草をうろつくのだった。喫茶店で昼食中、ヤクザ絡みの刃傷沙汰に遭遇した獅子は、ヤクザを刺した男を逃し、大怪我を追った親分を医者へ運ぶことになる。訪ね行った病院は後継者がおらず開店休業中……と、そのとき、雄三が自分で手術をすると言い出した。獅子雄三はこの病院に世話になろうとやってきた外科医だったのだ……暗い秘密を背負いながら、浅草の事件・いざこざを医療とステゴロで解決していく、ハードボイルドヒーローの活躍!

    みんなのコメント

    投稿者

    処刑地帯 1

    ほんまりうの確かな作画と、下町ハードボイルドな西塔紅一の原作が上手くマッチ。下ネタも言う、失敗もする、でも人生で大事なことを知っている。そんな人間臭い主人公の等身大の描写がいい感じ。 同じく西塔紅一原作の『野獣警察』より暴力シーンはぐっと抑えめだけど、その分、ヒューマンドラマな読後感です。

    投稿者:ito