怪力エンヤコーラ


Report violation

The contents of same series

作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

町に突然「神」がやってきた。その自称・神はボロボロの衣服をまとい、駅前で大声を張り上げて演説をするのだった。 「民よ聞け! この世に人間のいる限り争いは絶えない。世界に平和が訪れる日など永遠に来るわけがない! いや、ただ一つ平和への道がある。それは核を増やすことだ。世界中の国が核を保有すれば戦争は起こらん、双方が怖くて手が出せないのである」とこの調子で鬱陶しいことこの上ない。この自称・神は演説を終え、飯屋に入ると……?(「淫者の声」より) 山松ゆうきちの傑作短篇集!

みんなのコメント

投稿者

怪力エンヤコーラ 1

山松ゆうきち先生の作品は変な人が出てきて淡々と出来事が起こるんですが、妙に気になります。

投稿者:58843209