狂葬剣記
  • 狂葬剣記

    The contents of same series

    最初から読む
    • 狂葬剣記3
    • 狂葬剣記2
    • 狂葬剣記1

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    昭和十二年七月七日、七夕の夜に端を発した日中戦争は八月には上海にも飛び火し海軍は南京・上海を九州、台湾から海洋爆撃した。これに対して中国側も総動員令を下した。日本軍は十二月に入り中国の首都・南京を占領したが、戦争は終わるどころかいよいよ全面戦争に突入していった……。海軍少尉である比下浦は、国のため、天皇陛下のため、国家改造、そのような事柄には一切興味がないと言い切る変わった男だった。父から譲り受けた日本刀を手にした比下浦は父を斬り、そして……。

    みんなのコメント

    投稿者

    狂葬剣記 2

    軍艦の話、切ないですね。

    投稿者:58843209