60センチの女【分冊版】
  • 60センチの女【分冊版】

    The contents of same series

    最初から読む
    • 60センチの女【分冊版】12
    • 60センチの女【分冊版】11
    • 60センチの女【分冊版】10
    • 60センチの女【分冊版】9
    • 60センチの女【分冊版】8
    • 60センチの女【分冊版】7
    • 60センチの女【分冊版】6
    • 60センチの女【分冊版】5
    • 60センチの女【分冊版】4
    • 60センチの女【分冊版】3
    • 60センチの女【分冊版】2
    • 60センチの女【分冊版】1

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    漫画家になるために故郷の岩手から単身東京に出てきた健二は、ボロアパートで原稿と格闘する日々を暮らしていた。出版社に出向いては編集長に追い返され、ふてくされていたある日、奇妙な女と出会う。アパートを探しているという女に場所を教える健二。部屋に戻り窓を開けると、目の前にさっきの女がいた。女は今日この部屋に引っ越してきたという。健二の住むアパートと女のいるアパートの部屋は、わずか60センチほどで向かい合っているのだ。妙に人懐っこいその女と隣人同士の生活が始まるが、その日から不思議なことが身の回りに起こりはじめ……。奇才・上村一夫が描く、人情ファンタジーの傑作!