愛しのボッチャー
  • 愛しのボッチャー

    The contents of same series

    最初から読む
    • 愛しのボッチャー8
    • 愛しのボッチャー7
    • 愛しのボッチャー6
    • 愛しのボッチャー5
    • 愛しのボッチャー4
    • 愛しのボッチャー3
    • 愛しのボッチャー2
    • 愛しのボッチャー1

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    プロレス界の「悪党ボッチャ―」。なんと言っても特徴は額の傷!凶器の常備は当たり前!反則攻めのオンパレード!そんなボッチャ―だが、試合で流血し観客を沸かせる為にいつも額の古傷をデリケートに扱っているという可愛らしい一面を持つ。相対するは「ジャイアント葉場」や「アントニオ猪林」といった正統派レスラー達!!悪党なのにどこか憎めないボッチャ―が色々な人々を巻き込み繰り広げる奇想天外プロレスに、思わずクスッとするギャグマンガ作品!

    みんなのコメント

    投稿者

    愛しのボッチャー 1

    昭和55年頃、週間少年マガジンで読んでいましたー ハードボイルドな作品が多い誌面で、小学生には非常になじみやすい絵柄でした。お下劣話や当時のプロレスネタは分かなくとも、少ないページで軽快なノリ、豊かな表情、エネルギッシュな作風は普遍的魅力で、年齢を問わず楽しめます。

    投稿者:tihirosuzuki