料して候
  • 料して候

    The contents of same series

    最初から読む
    • 料して候2
    • 料して候1

    作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

    寛政2(1790)年晩秋、老中・松平定信は「寛政の改革」と呼ばれる強引な倹約政策を実施し、幕藩体制の引き締めを図ったが、治安は悪化の一途を辿り、江戸では強盗団・黒蜘蛛一味が横行跋扈する。その犯行は残虐を極め、町奉行所の無能に非難が集中していた――北町奉行を兄に持つ部屋住み、旗本三男坊・九鬼平三郎が夜に蠢く悪党どもを退治する! 江戸時代の料理や食に関する描写も多い、痛快浪漫時代劇!

    みんなのコメント

    投稿者

    料して候 1

    周りのキャラ達が活きておらず、主人公だけが勝手に突っ走るというドラマ。 単純に、斬った張っただけの部分が多過ぎ。

    投稿者:bigboxman