片恋さぶろう


Report violation

The contents of same series

作品紹介(1巻の作品内容を表示しています。)

時は元和の頃、未だ徳川の時代も盤石になる以前。孫娘の和子姫を天皇のもとへ入内させることが、老家康最後の悲願であった。しかしまだ姫は齢八つ。病に臥せっていた家康は悲願達成を見ぬまま、この世を去る。一方その頃、家康の計画を未然に防ぐべく、京の公家たちが和子姫の命を狙い、刺客を差し向けていた。姫の乗った籠に凶刃が迫る…その時! 武士が一人、迅雷のごとく駆けつけ、群がる刺客を全て切り伏せたのだ! その名も家康公直参・片乞三郎信綱。天下無双にして、姫を守るために命を賭した男の、真の忠義と愛を描いた傑作長編!!

みんなのコメント

投稿者

片恋さぶろう 1

最後を見たのだが、思い思われ、それでも報われぬ想い。死してなお、想いを残す。壮絶な思いの形。 素晴らしいドラマの一つだった。今の作家たちに、ここまで描けるものがいるかどうか。

投稿者:bigboxman