\先生を応援しよう!/

Number of Viewer:141,398

  • オフィシャル作品
  • PDF販売あり

Kensatsukan Kisogawa 1

Add Bookshelf

Buy single item

¥440(税込) Buy

シリーズをまとめ買い

¥2,200(税込) Buy

作品情報

「犯罪は犯罪者という特殊な人が起こすわけじゃない」 検事だった亡き妻の意志を引き継ぐべく、動物行動学者から検事に転身した主人公、木曽川情(きそがわじょう)の事件簿。

Report violation

みんなのコメント

4

コメントを書く

  • 投稿者

    個人的には、このドラマ好きになれない。法的には正しいのかもしれぬ。だが、法的であることが全てではないと思う。
    1本目、老人の息子がいじめにより死亡、クズ親の虐待による子供、この2件を暗示という手法で少年が老人の息子の仇を取ったする流れ。老人の復讐は成功したが、虐待は解決してはいない。

    • 投稿者:bigboxman投稿日:2021.03.21
    • 投稿者

      では、このドラマでは、何を解決したかったのか?何を暴きたかったのか?
      いじめによる死亡事件はどうであったのか?老人の苦悩と悲しみはどれほどであったか?
      そのことが後の事件につながるはずだが暴かれてはいない。
      クズ親の虐待は結果的にどうなったのか?一度は逮捕したはずが、結局、同じことになっている。

      • 投稿者:bigboxman投稿日:2021.03.21
    • 投稿者

      時々思うが、復讐は我にあり何人たりとも我が領域に立ち入ることを許さず。このドラマには見え隠れする。

      • 投稿者:bigboxman投稿日:2021.03.21
  • 投稿者

    少年犯罪の裏には必ず愛情が関係してくるものだと感じました。例え通りすがりの子でも、何かあれば手を差し伸べてあげられる大人でありたい、そういう社会でありたいと心から思わせてくれた良い作品でした。

    • 投稿者:mrex投稿日:2019.09.06
  • 投稿者

    木曽川検事の論理的で人情的な部分に惹かれました。

    • 投稿者:み作家投稿日:2018.10.11
  • 投稿者

    すごく良かったです!二度泣きました!

    • 投稿者:kimup64投稿日:2017.11.09

このコメントを削除しますか?

The contents of same series

The content of same author

あなたにおすすめの本

Other popular titles

  • facebookに投稿
  • twitterに投稿

Related items on sale at Amazon